【要注意】ボタン電池の正しい捨て方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボタン電池の種類について

まずはじめに、ボタン電池には二種類の種類があることを知っておきましょう。

【その1】水銀を含んでいるタイプ

LRアルカリボタン電池

ボタン電池の中には、体に有害な水銀を含んでいるものが3種類あります。

  • 酸化銀電池(SR○○系)
  • 空気電池(PR○○系)
  • アルカリボタン電池(LR○○系)

処分しようと思っているボタン電池に上記の()内の記号が記載されている場合、自治体の燃えないゴミや有害ゴミとして捨てることができません。

このようなタイプのボタン電池を処分するには、一般社団法人電池工業会が行っている「ボタン電池回収缶」というもので無料で引き取ってもらうことができます。

ボタン電池回収缶

出典)一般社団法人電池工業会

このボタン電池回収缶は、家電量販店やホームセンター、眼鏡屋さんなどに置かれていて、具体的に、どのお店に置かれているかということについては、以下のサイトで検索することができます。

>>ボタン電池回収協力店の検索|一般社団法人電池工業会

近所にある電池回収協力店を見つけることができたら、「ボタン電池を引き取って欲しいのですが・・・」と言えば、無料で引き取ってくれます。

ここで一つ注意点として、お店に持っていく前に、ボタン電池一つ一つにセロテープなどで絶縁する必要があるということです。

ボタン電池をテープで絶縁する

絶縁せずに大量の電池を保管していると、稀に金属などが電池をショート(プラス側とマイナス側が繋がり一瞬で大きな電流が流れてしまい、発熱や発火の原因になることもある)させてしまって、火災を起こすことがあります。

このセロテープを使ったボタン電池の絶縁は、お店に持っていく直前ではなく、使い終わって取り出した直後にやっておくとより安全です。

なお、製品によっては上記のタイプのボタン電池でも水銀を使っていないものもありますが、基本的にはLRなどの型番が対象となっているものは、上記の回収缶で回収してもらいましょう。

【その2】水銀を含んでいないタイプ

CRリチウムイオンコイン型ボタン電池

ボタン電池の中でも、薄い形状をしたコイン型リチウム電池は水銀を含んでいません。

  • BR○○○◯系
  • CR◯◯◯◯系

上記の型番のボタン電池は、他の乾電池などと一緒に自治体のゴミの日(不燃ごみや有害ゴミなど)に捨てることができます。

このコイン型リチウム電池も、使い終わったらすぐにセロテープなどで絶縁しておくことで、プラス極とマイナス極が繋がる(ショートする)ことによって起こる発熱や発火を防止することができます。

コイン型リチウム電池をセロテープで絶縁

地方自治体によっては、このボタン電池だけではなく、一般的な乾電池もセロテープで絶縁してから捨てるようにしてくださいというところもあります。

少し面倒だとは思いますが、安全のため、電池は絶縁してから保管したり、捨てたりする習慣をつけていきましょう。

セロテープで絶縁処理したボタン電池

最後に一言

今回は、【要注意】ボタン電池の正しい捨て方についてお話しました。

ボタン電池は一般的な乾電池と違って、有害な水銀が使われているものもあるため、ボタン電池の種類や型番などを確かめながら、正しい捨て方で廃棄する必要があります。

是非参考にしてみてください。

それでは!




タイトルとURLをコピーしました