【廃棄処分】ダンボールの正しい捨て方と緩まない縛り方のコツ

ダンボールの捨て方

よくネットショップなどで買い物をする人や引越し中の人が困ってしまうことといえば、どうやってダンボールを処分すればいいのかということ。

少量で自治体が指定している袋に入る量なら燃えるゴミとしてゴミ捨て場に出しても構いませんが、大量のダンボールを一気に捨てたい場合は資源ゴミの日(1ヶ月に1~2回)に出さなければなりません。

とりあえず、大量にあるダンボールを固くギュッと縛って、雨に濡れない場所においておくというのも一つの手ですが、すぐにでもダンボールを処分してしまいたいという人も多いことでしょう。

引越しなどで一度に大量に出た場合は、引越し業者のオプションサービスで翌日のダンボール回収サービスを利用してもいいでしょう。

また、ダンボールはリサイクルして活用することができる資源なので、条件によっては古紙回収業者などに買取ってもらう事が可能な場合もあります。

そこで今回は、ダンボールの正しい捨て方と緩まない縛り方のコツについて詳しくお話していきます。