【不燃ごみ】電池の正しい捨て方と廃棄処分のポイント

電池の捨て方

おもちゃやリモコンなどで使い終わった乾電池は、殆どの自治体で「不燃ごみ」や「有害ごみ」としてゴミの日に出すのが基本です。

ですが、充電できるタイプの電池や小さなボタン電池などは、基本的に自治体のゴミの日に出すことはできません。

今回は、これらの乾電池やバッテリーの正しい捨て方についてお話していきます。