【不燃ごみ】電池の正しい捨て方と廃棄処分のポイント

電池の捨て方

おもちゃやリモコンなどで使い終わった乾電池は、殆どの自治体で「不燃ごみ」や「有害ごみ」としてゴミの日に出すのが基本です。

ですが、充電できるタイプの電池や小さなボタン電池などは、基本的に自治体のゴミの日に出すことはできません。

更に、ボタン電池はセロテープなどで絶縁してから出さないとショート発火して家事になる可能性もあったりします。

今回は、これらの乾電池やバッテリーの正しい捨て方についてお話していきます。

電池の捨て方について

まずはじめに、ざっくりとした電池の処分方法について勉強していきましょう。

電池やバッテリーは大きく分けると充電できるタイプと充電できないタイプで捨て方が異なってきます。

  • 充電できるタイプの電池(スマホやおもちゃのバッテリーなど)
    → 店頭に置かれているリサイクルBOXで回収(リサイクル)
  • 充電できないタイプ(乾電池など)
    → 不燃ごみ、または有害ゴミとしてゴミの日に捨てる(埋立処分)

ここからは、もう少し具体的な廃棄方法について詳しくお話していきます。

【種類その1】充電できるタイプのバッテリー

充電できるタイプの電池(充電電池、小型機器のバッテリーなど)は、自治体のゴミ回収で捨てることはできず、回収拠点などに持っていっても受け取ってもらえないことがほとんどでしょう。

充電電池の分別方法

というのも、下記のようなバッテリー(乾電池形状の充電池も含む)には、貴重な金属資源が入っているため、ゴミとして出す(埋立処分する)のではなく、回収して資源リサイクルするのが一般的です。

充電できるバッテリーはリサイクル回収

では、具体的に充電電池や小型バッテリーをどこに出せばいいのかということについては、家電量販店やホームセンター、電気屋さんなどに置かれている「小型充電式電池リサイクルBOX」に投入すればOKです。

JBRCの充電電池リサイクルボックス

廃棄するための費用は無料で、捨てる際に店員さんに「バッテリーを捨てさせてください。」といえば、「そこにある箱に入れてくださいね。」という感じの対応でした。

ちなみに、この回収ボックスが設置されている場所は、こちらのサイトから検索することができます。

>>リサクル協力店検索|JBRC

充電できるタイプの電池は店頭の回収ボックスに出すということを覚えておきましょう。

【種類その2】充電できないタイプの電池

それに対して、充電できないタイプの電池(乾電池など)は、今のところリサイクルすることができていないため、不燃ごみや有害ゴミとして埋め立て廃棄処分する(ゴミの日に出す)のが一般的です。

充電できないタイプの処分

私たちの地域では、このような黄色い袋に電池を入れ、指定されたゴミの日に出すという決まりになっています。

乾電池を捨てるための袋

この他に、乾電池の場合、自治体が運営する回収拠点の方に直接持っていっても、受け取ってもらうことができます。

ただし、注意が必要なのはボタン電池です。

ボタン電池の正しい捨て方

ボタン電池には、体に有害な水銀が使われているものもあるため、下記の型番のものについては、自治体では回収してくれないところがほとんどです。

  • 酸化銀電池(SR○○系)
  • 空気電池(PR○○系)
  • アルカリボタン電池(LR○○系)

逆に、水銀が使われていない下記の型番のもの(コイン型リチウム電池)は、セロテープで絶縁して不燃ごみ、または有害ゴミとして出すことができます。

  • BR○○○◯系
  • CR◯◯◯◯系

ボタン電池の捨て方について詳しく知りたい方は、こちらの記事が参考になると思います。

>>【要注意】ボタン電池の正しい捨て方

ボタン電池を除けば、一般的な乾電池は自治体の方で回収してもらうことができますので、特に心配する必要はないでしょう。

電池を捨てる際に気をつけるべきこと

電池の処分について一つだけ注意してもらいたいことがあります。

それは、電池を捨てる前にセロテープなどで絶縁処理をしておくということです。

セロテープで絶縁処理したボタン電池

というのも、乾電池やボタン電池などを捨てる際に、金属片などが電池のプラス側とマイナス側に触れてショートしてしまうことが原因で、電池が発熱発火してしまうことがあるからです。

電池をむき出しのままで、まとめて保管しないようにしましょう!

複数の電池や金属を袋などにごちゃ混ぜにして保管すると、プラス極とマイナス極がつながり、ショートする可能性があります。電池は使用直前まで包装を取らない、または保管ケースに入れるなどして保管しましょう。

廃棄する際はプラス極とマイナス極をビニルテープ等で絶縁しましょう。

引用)電池で発火?!電池での事故に注意!|東京くらしWEB

電池を捨ててしまうまでの間、袋などに使用済み電池をゴチャッと入れてしまっている人は多いと思いますが、その状態が一番危険です。

自治体によっては、絶縁してから電池を出すようルール化しているところもあるほどです。

セロテープで絶縁した乾電池

面倒だとは思いますが、電池を取り外したらプラス面とマイナス面にセロテープを貼るということを習慣づけましょう。

最後に一言

今回は、【不燃ごみ】電池の正しい捨て方と廃棄処分のポイントについてお話しました。

電池の処分のポイントは、充電できるタイプは店頭の回収BOX、充電できないタイプの乾電池はゴミの日に絶縁して出す、ボタン電池は種類を確認してから捨てるということです。

ちょっとややこしいですが、資源を有効にリサイクルするため、安全に処分するために分別処分に協力していきましょう。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました