【処分費用節約】自分でエアコンを取り外す方法まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP1】室外機の配管カバーを外す

まずはじめに、室外機のカバーを外していきましょう。

室外機の配管カバーを取り外す

室外機のカバーはプラスのビスで止まっていますので、プラスドライバーを使って取り外します。

エアコン取り外し道具のプラスドライバー

エアコンの配管カバーを取り外したところ

室外機のカバーを取り外すと、このような感じで室外機と配管が接続されている部分が見えるようになってきます。

【STEP2】室外機のバルブキャップを取り外す

次に、室外機のバルブキャップ(室外機と配管が接続されている部分に付いている六角ナットの銅キャップ)を2つとも取り外していきます。

エアコン室外機のバルブキャップ

バルブキャップはモンキーレンチで簡単に取り外すことができます。

バルブキャップをモンキーレンチで取り外す

バルブキャップを取り外したところ

上と同じように下側のバルブキャップも取り外すと、このような感じになります。

バルブキャップを取り外したところ

バルブキャップの中は、六角レンチを差し込めるような差込口があります。

バルブキャップの中は六角ナットの差し込み口がある

この差込口に六角レンチを差し込んで操作することにより、冷媒を回収する(室外機内に集める)ポンプダウンという作業を行うことが出来ます。

次のページでは、具体的なポンプダウンの手順についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました