【廃棄処分】故障した液晶テレビの具体的な捨て方

壊れた液晶テレビの捨て方

壊れて白い線がだたり、何も映らなくなってしまった液晶テレビ・・・。

購入から10年近く経った古いものだし、修理してもまた壊れたら嫌なのでもう捨ててしまいたいと思う場合もあると思います。

ただ、液晶テレビは家電リサイクル法の対象となっているため、粗大ごみ(自治体のゴミ回収)では捨てることができません。

いろいろ調べた結果、郵便局でリサイクル券を購入(約2700円)し、市区町村が指定した「家電4品目の収集運搬業者」までテレビを持込んで処分する必要があるとのことでした。

そこで今回は、大きな液晶テレビを自分で処分場まで持ち込んで引取処分してもらう具体的な方法についてお話していきます。

【STEP1】テレビの製造メーカーや画面サイズを確認する

液晶テレビを捨てるためにまずやらなければならないことは、家電リサイクル券を購入する際に必要となるテレビの製造メーカーや画面サイズなどを調べておくことです。

液晶テレビ裏側にメーカーや画面サイズなどが記載されている

具体的な調べ方は、テレビの横面等についているシールに正式名称が記載されていますので、それを写真で撮るなり、メモするなどしておきましょう。

【STEP2】郵便局でリサイクル券を購入する

次に、郵便局などで売られている家電リサイクル券を購入する必要があります。

郵便局などで購入できる家電リサイクル券

最寄りの郵便局に行き、「液晶テレビを捨てたいので家電リサイクル券がほしいのですが・・・。」という感じで窓口の人に声をかければ、上記のような払込用紙を出してくれると思います。

家電リサイクル券の払込用紙

その際、窓口の人が「どこのメーカーの何を捨てますか?」などと聞いてくると思いますので、「〇〇(メーカー名)の画面サイズが〇〇インチの液晶テレビを捨てます。」と答えましょう。

すると、払込書にリサイクル料金などを記入していってくれます。

その後、自分の住所や氏名などを記入し、リサイクル料金(今回の場合は手数料込みで2700円)を仕払います。

これで家電リサイクル料金の支払は完了しました。

なお、リサイクル料金を支払った際に受け取る家電リサイクル券は、実際に液晶テレビを処分業者に引き取ってもらうときに必要となりますので、保管しておきましょう。

ちなみに液晶テレビの場合はメーカーや画面サイズによってリサイクル料金が変わってきますので、正確な価格を知りたい場合は、以下のサイトで確認することができます。

>>再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)|一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

【STEP3】液晶テレビの持ち込み先(家電4品目の収集運搬業者)を探す

次は、捨てたい液晶テレビの持ち込み先を調べていきます。

液晶テレビのような家電リサイクルの対象商品は、自治体などから委託された業者(家電4品目の収集運搬業者)でしか廃棄処分することができませんので、お住いの自治体のHPなどで上記の業者を調べましょう。

その他_テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分方法 - 鈴鹿市ホームページ

出典)テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分方法|鈴鹿市

そして、その業者に事前に液晶テレビを持ち込みたいこと、家電リサイクル券は購入済みという旨を電話で伝え、持込日程を調整しておきます。

今回の場合は、電話したその日に持ち込んでOKとのことでした。

ただし、今回の業者の場合、持込処分でも別途1000円の運搬料が必要とのことで、この運搬料については業者によって値段が違うこともあり、場合によっては運搬料は無料というところもあります。

自治体指定の処理業者がいくつかある場合、その辺りを事前調査し、一番安いところに依頼するのもいいと思います。

【STEP4】液晶テレビを廃棄処分業者に持ち込む

液晶テレビを捨てに行く

後は壊れた液晶テレビを車に載せ、事前に予約しておいた廃棄処分業者のところまで搬入していきます。

処分場についたら窓口の人に液晶テレビを持ち込んだことを話し、家電リサイクル券を渡しましょう。

そして、指示された場所に液晶テレビを下ろし、事前に伝えられていた運搬料1000円を支払えば液晶テレビの廃棄処分は完了です。

液晶テレビの持ち込み処分費用

【補足】B-CASカードの処分方法について

B-CASカードの捨て方

液晶テレビを捨てる際に注意しなければならないのが、B-CASカードの処分方法についてです。

B-CASカードはテレビの付属品ではなく、B-CAS社から貸与してもらっているものとなり、その所有権はB-CAS社にあります。

B-CASカードはB-CAS社がお客様にお貸ししているもので、所有権はB-CAS社にあります。

引用)デジタル放送受信機を廃棄する場合、B-CASカードはどうすればよいですか?|B-CAS(ビーキャス)

そして、テレビを捨てたりしてB-CASカードが要らなくなった場合、その処分方法は2通りあります。

受信機器を廃棄する場合は、カスタマーセンターにご連絡いただきカードをB-CAS社に返却していただくか、またはお客様ご自身で破棄してください。

引用)デジタル放送受信機を廃棄する場合、B-CASカードはどうすればよいですか?|B-CAS(ビーキャス)

自分自身でB-CASカードを処分する場合は、カードの裏側にある金色のICチップの部分にハサミを入れて切断すればOKです。

B-CASカードをハサミでカットして捨てる

受信機器を廃棄または譲渡する場合、カスタマーセンターに連絡してカード返却の手続きをする代わりに、お客様自身が切断して破棄することもできます。

破棄する際は、必ず金色のICチップの部分にハサミを入れて切断して下さい。

お客様が破棄する場合、B-CAS社への連絡は不要ですが、以下の点に注意してください。
・有料放送と契約中のカードを破棄する場合は、当該放送局に連絡して契約カードの変更、解約等の手続きを行ってください。
・使用中のカードを誤って破損したり廃棄してしまった場合の再発行は有償になります。
・カードの故障等での交換の際は、古いカードを破棄せず必ず返却願います。

引用)廃棄(または譲渡)する受信機器に付いていたB-CASカードを自分で破棄してはいけませんか?|B-CAS(ビーキャス)

基本的に有料放送などを契約していない場合は、特にそのままテレビに入れたまま業者に引き取ってもらっても業者側でそれを処分してくれるので問題になることはありませんが、気になる場合は事前に自分で処分しておくといいでしょう。

最後に一言

今回は、【廃棄処分】故障した液晶テレビの具体的な捨て方についてお話しました。

液晶テレビは購入から10年ぐらいすると、電子部品の寿命から壊れてしまう事が多く、製造から5年以上経過したテレビはちゃんと映像がちゃんと映っていてもリサイクルショップなどでは買い取ってもらえないことも多いです。

液晶テレビは薄く軽くなってきたのですが、それでも結構な重さで、一人で運ぶのは一苦労でした。

ちなみに、テレビを運ぶ車などがないとか、テレビを運び出すのが大変だというような場合、先程の運搬料の追加負担はありますが、業者がテレビを家まで引き取りに来てもらうことも可能です。

この運搬料については業者によって異なってくる部分ですので、事前に電話して見積もりを聞いてみるがいいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました