要らなくなった布団や毛布、タオルケットなどの廃棄処分方法

何年も使ってぼろぼろになってきた布団や毛布・・・。

家具や家電などであれば、要らなくなったものをリサイクルショップで売却することができるのですが、布団や毛布などの寝具の場合、新品でないと引き取ってもらえないことがほとんどです。

「i要らなくなった布団を押し入れにしまったままにしてておくのも嫌だし、もう捨ててしまいたいのだけど、一体どうやって捨てればいいのだろう?」

このような使い古した布団や毛布、タオルケットなどは大きさ等によって、燃えるゴミや衣類、粗大ごみなどに分別して処分する必要があります。

この他に、葬儀葬式のお通夜などで亡くなった方の下に敷いていた布団(汚れがついてしまっているものなど)の場合、少し違った方法で布団を捨てなければならないケースもあったりします。

そこで今回は、古くて要らなくなった布団などの具体的な捨て方について、詳しくお話していきます。

布団の捨て方について

まずはじめに、布団の捨て方についてお話していきます。

基本的には、大人用の布団の場合は燃えるゴミの袋などに入らないため、粗大ごみとして捨てる必要がある地域が多いようです。

布団の捨て方分別方法

出典)鈴鹿市 ごみ分別辞典

粗大ごみの捨て方としては、粗大ごみの日にゴミ捨て場に捨てておけばいいという地域から、以下のような粗大ごみの回収チケットをコンビニなどで購入し、電話予約して自宅まで引き取り回収してもらわなければならない地域もあります。

粗大ごみ処理券

回収料金を支払うのが嫌な場合、自治体が運営しているゴミの回収拠点などに持ち込めば無料で回収してくれますので、そちらを利用するのも一つの手でしょう。

ただし、ベビー用の布団など、市が指定している回収袋などに入れる事ができる大きさのものは、燃えるゴミとして出すことができます。

ベビーぶとんを燃えるゴミとして出す

このように、布団の場合はゴミ袋に入るかどうかで燃えるゴミとなるか、粗大ごみとなるか分かれることが多いでしょう。

この他に、葬儀(お通夜など)で遺体の下に敷かれていた布団を処分したい場合、基本的には汚がついていないものに関しては上記と同じ方法で処分すればOKです。

ただ、場合によっては、亡くなられた方が寝ていた布団が汚れてしまっている場合もあると思います。

そのような場合は大きな袋などに包んで自治体の回収拠点などに車で持ち込み、「葬式で遺体の下に敷いていたものなのですが・・・」という感じで事情を説明すれば、そのまま快く引き取ってくれることがほとんどです。

車などがなく回収拠点への搬入拠点などへの搬入が難しい場合は、少し出費がかさんでしまいますが、遺品整理サービスというものもありますので、そちらを利用してみるのもいいと思います。

なお、布団がきれいな状態であるのであれば、そのまま使い続けてもOKですし、そのまま使い続けるのが嫌なのであれば、クリーニングに出したり、打ち直し(布団を一度解体し、わたをほぐしながらゴミや塵などを取り除いて、新品のようにふっくらと蘇らせ、新しい側生地に包み直す)して、再利用する方法もあります。

この辺りは気持ちの問題となってきますので、処分するのか、再利用するのかということについては、ご自身で判断してもらえばOKです。

毛布やタオルケット、シーツなどの捨て方について

毛布やタオルケットなどの捨て方

次は、毛布やタオルケット、シーツなどの捨て方についてです。

毛布やタオルケット、シーツなどは、燃えるゴミとして処分してOKという地域と、衣類として資源ごみに分別しなければならない地域に分かれています。

毛布やタオルケットの分別は衣類

資源ごみの回収日は月に1~2回しかない事が多く少し面倒に感じてしまいますが、このような分別の指示がある場合はそれに従って処分しましょう。

どうしてもすぐに捨ててしまいたい場合は、自治体のゴミ回収拠点などに持ち込んだり、資源ごみ回収ステーションの衣類のボックスに入れてもOKです。

資源ごみの無料回収所

ちなみに、この衣類に分類されているものでも汚れがついてしまっているものについては、燃えるゴミとして焼却処分する必要がありますので、注意してください。

なお、これらの衣類は、以下の方法で再利用することも可能です。

【再利用その1】毛布やタオルケット、敷きパッドなどで作る廃油パック

まず、毛布やタオルケット、敷きパッドなどの場合、布切りバサミ(100円均一の裁縫コーナーで購入可能)で20cm角に切っておきます。

要らなくなったタオルケットや毛布など

服やズボンなどはこのようにカットしてなくてもOKで、そのままの状態で保管しておきます。

あとは2重にしたビニール袋の中に上記の切れ端を2~3枚か、または服やズボンを一着ほど入れてやれば、自作の廃油処理キットが完成します。

要らなくなった衣類で作った廃油処理パック

この中に使い終わった後の廃油(食用油、エンジンオイルなど)を入れてやり、口を縛って燃えるゴミとして処分しましょう。

廃油を固形処理するものや廃油パックを購入すると数百円してしまいますので、使い古しの毛布や衣類を保管しておき、このように使っていくとちょっとした節約になります。

【再利用その2】シーツ類はウエスやキッチンペーパーなどとして再利用

上記の他に、シーツなど切り屑が出にくいものは、手の平台にカットしておき、油ものや汚れ物を拭き取るときのウエスやキッチンペーパー等として使うと便利です。

使い古したシーツをカットする

シーツをカットしてウエストして使う

ウエスもキッチンペーパーも購入すると数百円の出費となりますので、こういった要らなくなった衣類を再利用して使うとちょっとした節約になったりしますので、ご参考まで。

最後に一言

今回は、要らなくなった布団や毛布、タオルケットなどの廃棄処分方法についてお話しました。

布団や毛布などは地域によって分別方法が異なることがありますので、お住まいの地域の分別方法を確認してから処分するようにしてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました