海外旅行で余った外貨(紙幣やコイン)を日本円に両替する方法

海外旅行で余った外貨を日本円に両替

海外旅行に行った事がある人が困ってしまうことと言えば、余ってしまった外貨(紙幣やコイン)をどうすればいいのかということだと思います。

もちろん、またその外貨が使える地域に旅行する予定があるのであれば、そのまま外貨を保有しておいてもいいと思いますが、そうでない人の場合、要らなくなった外貨を日本円に両替してしまいたいと考えているのではないでしょか。

一般的には、外貨の両替は大手銀行などに行くのが一般的なのですが、手数料が高かったり、外貨硬貨(コイン)は取り扱ってくれないことがほとんどです。

そこで今回は、ネットで簡単に外国紙幣を両替する方法から、外貨硬貨(コイン)を日本円に両替する方法まで、詳しくお話していきます。

外貨を日本円に両替する際に知っておきたいこと

海外旅行に頻繁に行く人はよく分かっていると思うのですが、日本円をドルやユーロといった外貨に両替するのは、国内や渡航先で比較的簡単に行うことができます。

でも、その逆に、外貨を日本円に両替するというのは少し難しくなってしまうため、人よっては余った外貨を両替せずに次の旅行までタンスにしまっておいたり、海外旅行に行く予定の友達にあげてしまったりする人もいたりするぐらいです。

ですので、次に海外旅行に行く際は外国のお金は渡航先で使い切るイメージを持っておくのがいいでしょう。

ただ、そうはいっても、手元に外国のお金が残ってしまっている場合、なんとかそれを日本円に両替したいと思う人もいるのではないかと思います。

外貨を日本円に両替する主な方法は以下の通りです。

紙幣コイン備考
大手の銀行・手数料が高い
・取扱貨幣は多め
・銀行に行く必要有
ネット両替
サービス
・手数料は安め
・取扱貨幣は多め
・ネット申込&外貨送付で完了
・外貨→日本円の取扱サイトは少ない
ポケット
チェンジ
・手数料は高い(約15%程度)
・硬貨も両替可能
・取扱通貨は少なめ
・電子マネーなどへの両替
(日本円は受取れない)

上記の表を見てもらうと分かるとおり、外貨を日本円に両替することを考えた時、紙幣は大手の銀行やネット両替サービスなどで日本円に両替することができます。

>>外貨両替コーナー|SMBC三井住友銀行

>>複数外貨売却ページ|外貨両替ドルユーロ(ネット両替サービス)

でも、外貨コインは日本円に両替するのはかなり難しく、唯一、空港などに設置されている「ポケットチェンジ」という両替機を使えば、外貨コインも電子マネー(EdyやWAONなど)やギフトカード(楽天ポイントやアマゾンギフトカードなど)に両替することができます。

中部国際空港にあるポケットチェンジ

ポケットチェンジの両替機で外貨コインを両替する方法については、こちらの記事で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

>>ポケットチェンジで外貨コイン(硬貨)を両替する方法

ということで、外国硬貨はポケットチェンジで両替することができますので、あとは外国紙幣の両替方法ということになります。

ここで気になること言えば、手数料も比較的安く、ネット申込&外貨送付で日本円に両替することができるネット両替サービスの利用方法だと思います。

ネット外貨両替サービスで外貨を日本円に両替する方法

ネット両替サービスの多くは、海外旅行前に日本円を外貨に両替する人向けのものが多いのですが、外貨両替ドルユーロというサイトでは、外国紙幣を日本円に両替することにも対応しています。

そこで今回は、実際に上記のサイトで外国紙幣を日本円に両替する手順を紹介していきます。

【STEP1】外貨売却の申し込みをする

まずはじめに、外貨両替ドルユーロというサイトの複数外貨売却ページにアクセスします。

外貨買取・外貨を売る

出典)複数外貨売却ページ|外貨両替ドルユーロ

すると、ページ下部に売却金額を入力する画面が出てきますので、そこに売却したい外貨の数を入力していきましょう。

売却したい外貨の数を入力する

出典)複数外貨売却ページ|外貨両替ドルユーロ

こんな感じで、画面右側に外貨の数を入力するだけでOKです。

後は、両替した日本円を口座振込(手数料250円)で受け取るか、現金書留(手数料550円)で受け取るかにチェックを入れると、両替のWEB見積もりが表示されます。

外貨両替のWEB見積もり

出典)複数外貨売却ページ|外貨両替ドルユーロ

外貨両替ドルユーロでは、2日以内の消印で送付された場合、このWEB申込で表示された金額(為替レート)で両替することができるようです。

この内容で良ければ、その下に表示されているお届け先情報(振込先口座など)を入力し、「入力内容を確認する」をクリックしていきます。

外貨両替のお届け先入力

出典)複数外貨売却ページ|外貨両替ドルユーロ

注文確認画面が表示されたら、注文確認画面の内容を確認して、「この内容で注文する」をクリックします。

外貨両替の確認画面

出典)複数外貨売却ページ|外貨両替ドルユーロ

注文完了画面が表示されたら、WEB申込は完了です。

ネット外貨両替完了画面

出典)複数外貨売却ページ|外貨両替ドルユーロ

【STEP2】外貨を送付する

WEB申込が完了したら、登録したアドレス宛に外貨の送付方法が書かれたメールが届きます。

【郵送方法】

下記住所まで注文番号を明記の上、郵便局の「簡易書留」で郵送してください。

<送付先住所>
〒107-0062 東京都港区南青山6-7-1 タウンハウス南青山201 「外貨両替ドルユーロ」宛
※郵送料はお客さまご負担となりますのでご了承ください。

■簡易書留の送り方
https://doru.jp/flow/howto_buy.php
■郵便局によって、「外貨は現金書留で」と言われることがございます。
その際は、こちらのリンク先ページを書面、もしくはスマートフォンでご提示ください。
http://doru.jp/img/document.jpg

出典)外貨両替ドルユーロ

そのメールの内容に従って、封筒に宛先などを記入していきましょう。

封筒に宛先を記入し外貨を入れる

外貨を封筒の中に入れ、テープやのりで封(〆マークを記入)をしていきます。

簡易書留で外貨を送る

あとは郵便局の簡易書留(送料は約500円)で送れば、外貨の発送は完了です。

外貨を簡易書留で送った時の控え

【STEP3】お金を受け取る

ドルユーロに外貨が届くと以下のようなメールが送られてきます。

◯◯様

この度は弊社サービスをご利用いただき、ありがとうございます。
本日、お客さまの外貨を受け取りましたので、報告いたします。

つきましては、お送りいただいた外貨の検証が完了次第、
ご指定の口座に日本円を入金いたします。

引用)【ドルユーロ】外貨到着のお知らせ

最終的には外貨を発送して4~5日ほどすると、WEB申込の際に入力した銀行口座に両替した分のお金が振り込まれます。

なお、今回送付した外貨に外貨両替ドルユーロさんのところではその紙幣の両替に対応していない旧紙幣(韓国ウォン)が混ざっていたようで、そのまま寄付するか、普通書留で返送(500円の送料は自己負担)するかを知らせてほしいという旨のメールを受け取りました。

韓国ウォンの場合、まだヤフオクなどで売買されていたので、今回は返送してもらうことにしました。

返送したもらった両替できなかった外貨

返送されてきた旧紙幣もメール連絡から2日後には届きました。

全体的な対応はスピーディーでしたので、とても満足しています。

最後に一言

今回は、海外旅行で余った外貨(紙幣やコイン)を日本円に両替する方法についてお話しました。

外貨を日本で両替する場合、手数料をとられたり、場合によっては両替できないと断られたりすることがよくありますが、上記のようにネット両替サービスやポケットチェンジ(空港にある両替端末)などを利用すれば、外貨を日本円に交換することもできたりします。

是非参考にしてみてください。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました