海外旅行で余った外貨(紙幣やコイン)を日本円に両替する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【STEP2】外貨を送付する

WEB申込が完了したら、登録したアドレス宛に外貨の送付方法が書かれたメールが届きます。

【郵送方法】

下記住所まで注文番号を明記の上、郵便局の「簡易書留」で郵送してください。

<送付先住所>
〒107-0062 東京都港区南青山6-7-1 タウンハウス南青山201 「外貨両替ドルユーロ」宛
※郵送料はお客さまご負担となりますのでご了承ください。

■簡易書留の送り方
https://doru.jp/flow/howto_buy.php
■郵便局によって、「外貨は現金書留で」と言われることがございます。
その際は、こちらのリンク先ページを書面、もしくはスマートフォンでご提示ください。
http://doru.jp/img/document.jpg

出典)外貨両替ドルユーロ

そのメールの内容に従って、封筒に宛先などを記入していきましょう。

封筒に宛先を記入し外貨を入れる

外貨を封筒の中に入れ、テープやのりで封(〆マークを記入)をしていきます。

簡易書留で外貨を送る

あとは郵便局の簡易書留(送料は約500円)で送れば、外貨の発送は完了です。

外貨を簡易書留で送った時の控え

【STEP3】お金を受け取る

ドルユーロに外貨が届くと以下のようなメールが送られてきます。

◯◯様

この度は弊社サービスをご利用いただき、ありがとうございます。
本日、お客さまの外貨を受け取りましたので、報告いたします。

つきましては、お送りいただいた外貨の検証が完了次第、
ご指定の口座に日本円を入金いたします。

引用)【ドルユーロ】外貨到着のお知らせ

最終的には外貨を発送して4~5日ほどすると、WEB申込の際に入力した銀行口座に両替した分のお金が振り込まれます。

なお、今回送付した外貨に外貨両替ドルユーロさんのところではその紙幣の両替に対応していない旧紙幣(韓国ウォン)が混ざっていたようで、そのまま寄付するか、普通書留で返送(500円の送料は自己負担)するかを知らせてほしいという旨のメールを受け取りました。

韓国ウォンの場合、まだヤフオクなどで売買されていたので、今回は返送してもらうことにしました。

返送したもらった両替できなかった外貨

返送されてきた旧紙幣もメール連絡から2日後には届きました。

全体的な対応はスピーディーでしたので、とても満足しています。

最後に一言

今回は、海外旅行で余った外貨(紙幣やコイン)を日本円に両替する方法についてお話しました。

外貨を日本で両替する場合、手数料をとられたり、場合によっては両替できないと断られたりすることがよくありますが、上記のようにネット両替サービスやポケットチェンジ(空港にある両替端末)などを利用すれば、外貨を日本円に交換することもできたりします。

是非参考にしてみてください。

それでは!




タイトルとURLをコピーしました