【廃棄処分】包丁やナイフの安全な捨て方と切れ味を復活させる方法

包丁の安全な捨て方

切れ味が悪くなってしまった包丁やナイフは、どうやって捨てればいいのでしょうか?

そのまま捨ててしまうとゴミ袋を破って怪我をしそうだし、できるだけ安全に捨てたいと思う人が多いのではないかと思います。

一般的に包丁は、不燃ごみ(もやせないごみ)として自治体のゴミ回収に出せる地域が多いのですが、厚紙やダンボールに包んだり、刃物と明記して捨てるなど、その捨て方が指定されている場合があります。

そこで今回は、包丁やナイフを安全に捨てる具体的な方法について、詳しくお話していきます。

包丁を自治体のゴミ回収で捨てる

一般的に包丁は自治体のゴミ回収(不燃ごみなど、地域によって異なる)で処分することができる場合がほとんどです。

例えば、私の住む自治体の場合、包丁は燃やせないごみとしてゴミ袋に入れて出しておけば良いということになっています。

包丁(燃やせないごみ)|鈴鹿市 ごみ分別辞典

出典)包丁|鈴鹿市 ごみ分別辞典

ただ、包丁は刃物なのでゴミ袋を突き破ったりして危険なので、紙などに包んで刃物などと記載して捨てる決まりになっています。

包丁を厚紙やダンボールに包んで捨てる

包丁を厚紙で包んで捨てる場合、刃を厚紙の折り目側に向けて入れ、刃が厚紙にあたるようにします。

包丁の刃を厚紙の折り目に向ける

あとはガムテープなどで固定していくのですが、包丁が左右に動いて抜け落ちないように、持ちての部分もしっかりと固定し、「刃物」などとマジックで明記して捨てましょう。

包丁を厚紙に包んで捨てる

ダンボールの場合も同様に、以下のような感じで包んで捨てればOKです。

包丁の安全な捨て方

包丁にビニールを巻いて捨てる

この他に、包丁の刃部分にビニール袋などを巻いて捨てる方法もあります。

まず、刃が袋を突き破らないようにゆったりと袋を巻き付けていきます。

包丁にビニール袋を巻く

あとはガムテープなどを使って刃先全体をしっかりと覆うような感じで貼り付け、刃物などと明記して捨てればOKです。

包丁をテープで巻いて捨てる

刃を止めて捨てる

一部の自治体では、包丁をテープで巻いて捨てるのを推奨していないところもあります。

このような場合は、包丁の刃を止めて(切れ味を悪くして)捨てるという方法もあります。

具体的には、包丁をコンクリートやアスファルトなどに垂直に押し当てて、のこぎりで木を切るような感じでギコギコと力強く前後に動かします。

コンクリートに押し当てて包丁の刃を止める

こうすることによって包丁の刃がボロボロになって切れ味がなくなりますので、包丁をそのままの状態で捨てなければならない場合はこのような刃が切れない状態で捨てるようにするといいでしょう。

セラミック製の包丁の場合の捨て方

一般的に包丁は鉄やステンレス製のものが多いですが、一部セラミック製の包丁などを持っている人もいると思います。

基本的には上記のような感じで包丁を捨てられる事がほとんどですが、一部の地域で分別の種類が異なったりすることがあります。

包丁を捨てる前にお住まいの自治体のゴミ分別表などを確認すると良いでしょう。

包丁の切れ味を復活させる方法

鉄やステンレス製の包丁(銀色をした包丁)の場合、100円均一などに売られている包丁研ぎなどを使えば切れ味を復活させることができます。

包丁研ぎで切れ味を復活させる

ちょっと切れ味が悪くなった程度であれば、こうやって研いでやれば簡単に包丁の切れ味を復活させることができます。

ただ、刃が目視できるほどかけてしまっていたり、何度も研ぎすぎて包丁の上下の幅が狭くなってきたりした場合は、買い替えの時期だと思いますので、そのタイミングで捨ててしまえばいいでしょう。

包丁の刃が欠けている

最後に一言

今回は、【廃棄処分】包丁やナイフの安全な捨て方と切れ味を復活させる方法についてお話しました。

使えなくなった包丁は、厚紙やダンボール、ビニール袋などにくるんで刃物と明記して、自治体のゴミ回収(不燃ごみの場合が多い)で捨てる事ができます。

ただ、鉄やステンレス製の包丁の場合、刃を磨いでやればもう一度切れ味を復活させることも可能です。

刃がかけたり、包丁の幅が狭くなってきたら寿命なので、そのタイミングで買い換えるのがいいのかと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました