【廃棄処分】要らないカラーボックスの具体的な捨て方(粗大ごみ)

要らなくなったカラーボックスの捨て方

もうガタガタで使わなくなったカラーボックスがあるのだけれど、どうやって処分すればいいのだろう?

古くて傷だらけで日焼けもしているのでリサイクルショップなどでは売れないだろうし、もう捨てるしかなさそうです。

ただ、カラーボックスは大きいのでそのままだといつものゴミ回収には出せなさそう・・・。

一体どうやって捨てればいいのでしょうか?

いろいろ調査した結果、基本的にカラーボックスは粗大ごみとして分別回収してもらう事が多く、更に自治体によってはカットして燃えるゴミの袋に入れることができれば、燃やすゴミとして捨てられる場合もあります。

今回は、そんな要らなくなったカラーボックスの具体的な廃棄処分方法について、詳しくお話してきます。

カラーボックスは粗大ごみとして捨てるのが一般的

カラーボックスを捨ててしまいたいと思った場合、まず、お住いの地域のゴミの分別表を確認してみてください。

下記のような感じで、カラーボックスは粗大ごみとして分別されることがほとんどとなります。

カラーボックス|鈴鹿市 ごみ分別辞典

出典)鈴鹿市ゴミ分別辞典

粗大ごみの具体的な捨て方について

粗大ごみはいつものゴミ回収場所に出すのではなく、自治体のゴミ回収拠点に自分で持ち込むか、家の前に出しておいたカラーボックスを回収してもらうという2つの方法で捨てていくことになります。

粗大ごみ|鈴鹿市 ごみ分別辞典

出典)鈴鹿市 ごみ分別辞典(粗大ごみ)

【捨て方その1】自治体のゴミ回収拠点に持ち込んで処分する場合

カラーボックスを自治体のゴミ回収拠点に持ち込んで処分する場合、処分費用は無料になる(家庭ごみのみ、事業ゴミは有料になる)ことが多いでしょう。

持ち込みに関しては特に予約が必要なこともなく、車にカラーボックスを積み込んで回収拠点に向かいます。

カラーボックスを車に積んでゴミ回収拠点に持ち込む

回収拠点についたら、入り口で受付員が話しかけてきますので「カラーボックスを捨てたいのですが・・・」ということを伝え、受付票に氏名と住所などを記載します。

あとは係員の指示に従ってカラーボックスを下ろせばOKです。

なれている人なら回収拠点に自分でゴミを捨てに行く方が楽に感じると思いますが、カラーボックスを乗せて運べる車を持っていなければいといけませんし、回収拠点が遠いところにある場合、ガソリン代が高く付いてしまうこともあるので注意が必要です。

【捨て方その2】カラーボックスを引取回収してもらう

多くの自治体では、粗大ごみの回収処分サービスを行っています。

私の住んでいる地域では回収処分サービスを利用するために、まず、「粗大ごみ処理券(200円)」というものを近所のコンビニやスーパーなどで購入しておきます。

粗大ごみ処理券

カラーボックスを家の前に出しておき、処理券に記載の受付所に「カラーボックスを回収してほしいのですが・・・」という感じで電話をかけます。

カラーボックスを引取回収してもらう

すると、名前や住所、電話番号を聞かれた後、「○月○日に回収に行きます。カラーボックスを家の前に出しておいてもらえれば係員が回収していきますので、立ち会う必要はありませんので。」という感じで受付は完了しました。

200円で利用できる自治体の粗大ごみ回収処分サービス

指定された日になると、粗大ごみを回収するトラックがやってきて、カラーボックスを持っていってくれます。

このように、ゴミ回収サービスの場合、家の前にカラーボックスを出して電話を一本入れるだけで引き取ってもらえるのでとても楽です。

費用も数百円程度で引き取ってもらえることが多いですので、自治体にこのような粗大ごみの回収サービスがないか確認してみるといいでしょう。

【捨て方その3】解体分別して不燃ごみとして出す

多くの自治体では、粗大ごみに該当するものでも、解体分別して指定のゴミ袋に入る大きさにすることができる場合、燃えるゴミとしてゴミの日に出すことができます。

具体的には、今回のようなカラーボックスの場合、のこぎりやドライバー、ラジオペンチなど(100円均一などで購入可能)を使ってカラーボックスを分解します。

カラーボックスの解体廃棄に使った道具

まずは、カラーボックスの棚受けなどの金属部品取り外していきます。

カラーボックスの棚受けの金属部品を取り外す

そしてカラーボックスのネジ類を取り外し、こんな感じでバラバラにしていきます。

カラーボックスのネジを取り外す

分解したカラーボックス

このままだと長い板がゴミ袋に入りませんので、それらをのこぎりでゴミ袋に入るサイズにカットしていきます。

カラーボックスをのこぎりでカットする

カット後のカラーボックス

あとは木製の板類を燃えるゴミの袋に入れ、ネジ類は燃やせないごみ(不燃ごみ)に分別すればOK。

燃えるゴミの袋にカラーボックスを入れる

一般的に木製ゴミをゴミ捨て場に捨てて良いかどうかは、このような自治体指定のゴミ袋に入るかどうかで決まることがほとんどですが、稀にお住まいの自治体や、ゴミ回収の担当者によってはこの方法をNGとされる場合もあります。

ですので、実際の解体作業を始める前に、お住まいの自治体に問い合わせをしておくのが安心だと思います。

最後に一言

今回は、【廃棄処分】要らないカラーボックスの具体的な捨て方(粗大ごみ)についてお話しました。

カラーボックスはそのままの形であれば粗大ごみ、解体して指定のゴミ袋に入る場合は燃えるゴミとして捨てるという地域がほとんどです。

車を持っている人の場合、自分で回収拠点まで運んで捨てるのもありですし、いちいち捨てに行ったり、分解分別したりするのが面倒だという場合は、自治体などが運営している粗大ごみの回収引取サービスなどを活用するのもいいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました