【廃棄処分】雨傘(ビニール傘)の捨て方と分解分別の具体的な方法

ビニール傘を不燃ごみとして捨てる

古くなって要らなくなったり、骨が折れて使えなくなった傘は、どうやって捨てればいいのでしょうか?

特にビニール傘は壊れやすいにもかかわらず、修理することができない構造なので、壊れたタイミングで捨てていかないと、家に壊れた傘がどんどん溜まっていってしまいますよね。

傘を廃棄処分する方法としては、一般ごみや不燃ゴミとしてゴミ袋に入れて捨ててしまえばいい地域が多いようですが、稀に傘を分解して布の部分は燃えるゴミ、骨の部分は不燃ごみなどと分別処分しなければならないところもあったりします。

そこで今回は、一般的な傘の捨て方から、分解して処分する具体的な方法まで、詳しくお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました