【廃棄処分】雨傘(ビニール傘)の捨て方と分解分別の具体的な方法

ビニール傘を不燃ごみとして捨てる

古くなって要らなくなったり、骨が折れて使えなくなった傘は、どうやって捨てればいいのでしょうか?

特にビニール傘は壊れやすいにもかかわらず、修理することができない構造なので、壊れたタイミングで捨てていかないと、家に壊れた傘がどんどん溜まっていってしまいますよね。

傘を廃棄処分する方法としては、一般ごみや不燃ゴミとしてゴミ袋に入れて捨ててしまえばいい地域が多いようですが、稀に傘を分解して布の部分は燃えるゴミ、骨の部分は不燃ごみなどと分別処分しなければならないところもあったりします。

そこで今回は、一般的な傘の捨て方から、分解して処分する具体的な方法まで、詳しくお話していきます。

【廃棄処分方法その1】傘を一般ごみや不燃ごみとして捨てる

自治体によって違う傘の廃棄処分方法

一般的に傘は自治体のゴミ回収で処分することができる場合がほとんどです。

例えば、上記の自治体の場合、傘は自治体で指定されているゴミ袋に入れて(袋からはみ出していてもOK)、「もやせないごみ」の日にゴミ収集所に出しておけば良いということになっています。

燃やせないごみとして傘を処分

このように傘をそのままの形で捨てられる地域の場合は、傘の処分は簡単で、特に困ってしまうことはあまりないことと思います。

【廃棄処分方法その2】傘を分解分別して捨てなければならない場合

ビニール傘を分解する前

自治体のゴミ回収のルールで、ビニール傘を分解しなければならない地域の場合、以下のような感じでビニール傘を金属部分とプラスチック部分に分解分別して処分する必要があります。

まずはじめに、ビニール傘の骨の先端についているプラスチック部分をハサミでカットしていきましょう。

ビニール傘の布の先端

ビニール傘の布をハサミでカット

ビニール傘の布の先端が取れた

こんな感じで、ビニール傘の骨の先端部分のパーツを全部取り除いていきます。

ビニール傘の布の先端パーツを全て取り外した

次に、ビニール傘本体の先端にあるプラスチックパーツを手で取り外していきます。

ビニール傘の先端のパーツ

ビニール傘の先端パーツが外れた

本来であれば、白いプラスチックパーツだけが外れるのですが、傘によっては接着剤などで強く固定されている事があり、こんな感じで金属の棒が折れてしまうこともあります。

ビニール傘の金属パーツが折れたこのような場合は、ラジオペンチ(100円均一などで購入可能)を使って、金属部分を取り外しておいてください。

ラジオペンチで金属パーツを外す

ラジオペンチで金属部品を取り外したところ

傘の先端部分が外れると、ビニール傘のビニール部分がをスルッと抜き取ることができます。

ビニール傘の先端が外れた

ビニール傘のビニールが抜ける

ビニール傘のビニールが外れたところ

傘の取っ手部分は、手で引っ張れば外れますので、力を入れて引き抜きましょう。

ビニール傘の取っ手

ビニール傘の取っ手が外れた

これで傘の分解は完了です。

分解されたビニール傘

後は自治体のゴミ分別表を確認しながら、金属部分は燃やせないごみ、その他は燃やせるごみなどという感じで分別して捨ててしまえばOKです。

最後に一言

今回は、【廃棄処分】雨傘(ビニール傘)の捨て方と分解分別の方法についてお話しました。

安価なビニール傘などは壊れやすいため、場合によっては購入した日に壊れてしまったりすることもありますので、家に壊れた傘が溜まっている人もいることと思います。

地域によって傘を捨てるためには分解分別しなければならないなどもあります。

少し面倒だと思いますが分解自体は簡単なので、時間のある時に分解し、ゴミの日にすぐに出せるようにしておきましょう。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました