【廃棄処分】いらなくなった加湿器の具体的な捨て方(不燃ごみ)

要らなくなった加湿器の捨て方

もう使わなくなった加湿器あるのだけれど、どうやって処分すればいいのだろう?

古くて傷だらけで日焼けもしているのでリサイクルショップなどでは売れないだろうし、捨てるしかなさそうです。

ただ、加湿器は小型家電リサイクル法の対象となっているようだし、いつものゴミ回収には出せなさそう・・・。

一体どうやって加湿器を捨てればいいのでしょうか?

いろいろ調査した結果、基本的には、加湿機は不燃ごみ(月に2回ほど回収日がある)として捨てる事ができる場合がほとんどです。

そこで今回は、要らなくなった加湿器の具体的な廃棄処分方法から小型家電リサイクル法のことについてまで、詳しくお話してきます。