【廃棄処分】いらなくなった加湿器の具体的な捨て方(不燃ごみ)

要らなくなった加湿器の捨て方

もう使わなくなった加湿器あるのだけれど、どうやって処分すればいいのだろう?

古くて傷だらけで日焼けもしているのでリサイクルショップなどでは売れないだろうし、捨てるしかなさそうです。

ただ、加湿器は小型家電リサイクル法の対象となっているようだし、いつものゴミ回収には出せなさそう・・・。

一体どうやって加湿器を捨てればいいのでしょうか?

いろいろ調査した結果、基本的には、加湿機は不燃ごみ(月に2回ほど回収日がある)として捨てる事ができる場合がほとんどです。

そこで今回は、要らなくなった加湿器の具体的な廃棄処分方法から小型家電リサイクル法のことについてまで、詳しくお話してきます。

スポンサーリンク

加湿器は不燃ごみとして捨てるのが一般的

加湿器を捨ててしまいたいと思った場合、まず、お住いの地域のゴミの分別表を確認してみてください。

下記のような感じで、加湿器は不燃ごみとして分別されることがほとんどとなります。

加湿器は燃やせないごみで処分

出典)鈴鹿市ゴミ分別辞典

ただし、自治体が指定したゴミ袋に入らないぐらい大きかったり、重さが5kg以上あるものの場合、粗大ごみとしてださなければならないようです。

例えば、下記の写真のようなタイプの加湿器の場合、重さは1kg程度ですし、適当に分解して市の認定ごみ袋にすっぽりと入れることができます。

加湿器をゴミ袋に入れる

このようなものの場合、不燃ごみとして捨ててしまえばOKです。

ただし、下記に記載がある通り、家電製品の場合、電源コードを細かくカットしてから出さなければならないというような自治体ごとに決まっているルールなどがある場合もあります。

鈴鹿市 ごみ分別辞典(燃やせないごみ)

出典)鈴鹿市 ごみ分別辞典(燃やせないごみ)

このような場合は、ニッパー(100円均一で売られているものでOK)を使って、電源コードをカットしてから捨てましょう。

加湿器の電源コードをカットして捨てる

なお、加湿器のリモコンも同じく不燃ごみとして捨てることができるのですが、リモコンの中に入っている電池は不燃ごみではなく有害ゴミなどとして分別する必要がある場合がありますので、注意が必要です。

DVDプレーヤーのリモコンの電池は分別処分

小型家電リサイクル法について

上記の地域では自治体が加湿器を回収したのちに、処理センターの方で小型家電を分別してリサイクル処理を行っているようです。

小型家電の リサイクルを行っています - 鈴鹿市

出典)小型家電のリサイクルを行っています – 鈴鹿市

なお、自治体によっては小型家電リサイクル法の対象となる品目を捨てる場合は、回収ステーションなどに設けられた回収ボックスに捨てなければならない場合などもあります。

ですので、加湿機を捨ててしまう前に、一度お住いの地域の分別表などを確認してみるといいと思います。

最後に一言

今回は、【廃棄処分】要らなくなった加湿器の具体的な捨て方(不燃ごみ)についてお話しました。

加湿機は、基本的に燃やせないごみ(認定ごみ袋に入る5kg未満のもの、地域によって異なる)として捨ててOKという場合がほとんどです。

ただし、自治体によっては小型家電リサイクル法の関係で、回収拠点などに設置された回収ボックスに捨てなければならない場合もありますので、一度お住いの地域のゴミの分別表を確認してから捨てるようにするのがいいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました