【廃棄処分】マットやカーペットの捨て方のポイント

カーペットの捨て方

使い古したマットやカーペットを処分したい・・・。

大きなサイズのカーペットはゴミ袋には入らないし、どうやって捨てればいいのかよくわからない。

そうですよね。

マットやカーペットを捨てる機会はあまりないため、どうやて捨てればいいのか分からない人も多いと思います。

そこで今回は、マットやカーペットの捨て方のポイントについてお話していきます。

小さなサイズのマットやカーペットは燃えるゴミ

カーペットの捨て方

写真のような小さなサイズのマットやカーペットの場合、ゴミ回収の袋に入る大きさであれば燃えるゴミとして回収してくれるところがほとんどです。

認定ゴミ袋に入ったマットは燃えるゴミ

また、薄手のカーペットであれば、下記のような中位のサイズのものでも折りたたんでゴミ袋に入れることができるでしょう。

大きなサイズのカーペットを捨てる

カーペットを折りたたんでゴミ袋に入れた

ゴミ袋に入らない大きな厚手のカーペットなどについては、燃えるゴミとしてではなく粗大ゴミとして捨てる事になる地域が多いでしょう。

大きなサイズのカーペットは粗大ゴミ

ただ、粗大ゴミを出す場合は200~300円ほど費用がかかったり、電話をしてゴミを引き取りに来てもらわないといけないなど、手間がかかってしまって面倒となります。

このような場合、カーペットをゴミ袋に入るサイズに小分けに切断してしまうという方法もあります。

厚手のカーペットを切断して燃えるゴミとして捨てるためのノコギリとハサミ

厚手のカーペットは普通のハサミなどでは切断しにくいので、厚手のカーペットを切断するためのノコギリやハサミも売られていたりします。

こういったものを利用すると楽に作業することができますし、カーペット以外の大きな物を捨てるような時、例えば、金属製のラックを小分け解体して不燃ごみとしてゴミ袋に入れてゴミ回収に出すということなどにも活用できたりしますよ。

最後に一言

今回は、【廃棄処分】マットやカーペットの捨て方のポイントについてお話しました。

マットやカーペットは認定袋に入るサイズであれば燃えるゴミ、大きなサイズであれば粗大ゴミとなる地域がほとんどです。

稀に資源ごみとして回収する場合などもありますので、事前にお住いの地域のごみ分別表などを確認してみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました