【廃棄処分】物干し竿の捨て方と分解分別の具体的な方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

物干し竿の捨て方

古くなって錆びてボロボロになってしまった物干し竿は、どうやってすれればいいのでしょうか?

というのも、一般的に金属は不燃ごみなどとして月に1~2回程度の市のゴミ回収で回収してもらえるのですが、物干し竿は長すぎてゴミ袋に入れることができないからです。

ただ、金属用ののこぎり(100円均一などで売られている)を使えば、簡単に切断することができるため、不燃ごみのゴミ袋に収めて捨てることもできるようになります。

そこで今回は、物干し竿の具体的な捨て方について、詳しくお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました