【ガス抜き】使い捨てライターの正しい捨て方まとめ

使い捨てライターのガス抜き

使い捨てライターはどうやって捨てればいいの?

そう思って、市のゴミ回収のパンフレットを見てみると、「ガスを抜いてから不燃ごみとして捨ててください。」とのことでした。

ただ、このライターの中にたっぷり溜まっているガスをどうやって抜けばいいのかよく分からない・・・。

ということで今回はそんなガスが残っている100円ライターやチャッカマンの正しい捨て方(セロハンテープでガス抜き、ペンチでライターの芯抜き)について、写真付きで詳しくお話ししていきます。

【方法その1】セロハンテープや輪ゴムを使ったガスの抜き方

使い捨てライターの捨て方

出典)スプレー缶・カセット式ガスボンベ・ライターの出し方にご注意ください!|つくばみらい市

まずは少し時間がかかりますが、テープや輪ゴムを使って簡単にガスを抜くことができるこの方法から。

  1. 火の気のないことを確認する
  2. ライターのレバーを押し下げ、その状態を保持できるようにセロハンテープをレバーに貼り付けて固定する
  3. ライターを耳元に近づけて「シュー」というガスが出ている小さな音を確認する
  4. そのまま火の気のないところで半日から1日ほど放置する
  5. 最後にライターで火をつけてみて、火がつかなければガス抜き完了

チャッカマンなどの場合は、輪ゴムを通すことができないので、セロテープを利用すると良いでしょう。

チャッカマンのガス抜きの方法

このセロテープや輪ゴムを利用したガス抜き方法は誰でも簡単にできるのですが、とにかく時間がかかるのがネックです。

短時間でライターのガスを抜いてしまいたい場合は、次のペンチを使ったガスの抜き方を参考にしてみるといいでしょう。

【方法その2】ペンチを使ったガスの抜き方

次は、ペンチを使ってライターの芯を抜く方法を紹介していきます。

※ライターのガスを抜く際は、必ず火の気のないこと(タバコなどもNG)を確認してから行うようにしてください。

まずはじめに、ライター上部のパーツをペンチなどで分解して取り外していきます。

ライター上部の金属パーツをペンチで外す

金属パーツを取り外した後のライター

最終的には、白い部分のパーツも取り外して、ライターの芯の部分だけが残るような状態まで分解していきましょう。

使い捨てライターのガス抜き

次は、ライターの芯の部分(白いギザギザのパーツ)を手で緩めていきましょう。

ペンチを使ったガス抜き方法

ある程度緩めていくとガスがシューッと抜けていく音が聞こえ始めますので、ガスの抜け方を調整しながらゆっくりと緩めていってください。

最終的には、ライターの芯が外れたらガス抜き完了です。

ライターの芯が完全に抜けた状態

【方法その3】のこぎりを使ったガスの抜き方

3つ目に紹介したいのが、のこぎりを使ってガスを抜く方法です。

のこぎりとチャッカマン

上の写真のような木工用ののこぎりを準備し、ライターを足で押さえながらガスが入っているタンク部分に切込みを入れていきます。

のこぎりでライターのガスを抜く

このぐらい切込みが入ったところで、「シュー・・・」という音が聞こえたらガス抜きは完了です。

この方法であれば10秒ほどでライターのガス抜きができます。

【方法その4】ラッカー薄め液を使ったガスの抜き方

ちょっとおもしろいライターのガスの抜き方として、ラッカー薄め液を使う方法もあるようです。

ラッカー薄め液を使ったライターのガスの抜き方

出典)100円ライター処分|YouTube

ラッカー薄め液は本来、ペンキなどの塗料を薄めるためのものですが、ライターのプラスチック樹脂も溶かすことができるため、こんなに簡単にガスを抜くことができます。

ガスを抜いた後の回収処分方法

ガスが抜けた後のライターは、一般的には「不燃ごみ」として自治体のゴミ回収で収集してもらうことが出来ます。

この他にも、自治体によっては市役所や地区市民センター、公民館などで以下のようなライターの回収BOXが設置されている場合もありますので、そちらに破棄してもいいでしょう。

使い捨てライターの回収BOX

出典)使い捨てライターの拠点回収を4月1日から始めます – 鈴鹿市

ライターのガス抜きが怖くてできない場合

ライターのガスは可燃性ですのでテープを張ったままにしておくのが不安だったり、工具を使った分解作業が怖くてできないという場合もあると思います。

そのような場合、自治体が運営している回収拠点(不燃物リサイクルセンターなど)に持っていき、ガスが残っていることを伝えればそちらで処分してもらうことができる場合があります。

Q スプレー缶に穴を空けたり、ライターの上部を外すのが怖くてできません (質問No.94)

A スプレー缶・ライターをそれぞれ中身の見える袋に入れて、直接不燃物リサイクルセンターへお持ち込みください。また、その際は、必ず受付で職員にお申し出ください。

引用)よくある質問|鈴鹿市

この辺りのことについては自治体や回収拠点によって対応に違いがあったりしますので、事前に市役所や回収拠点の事務所などに問い合わせてみると良いでしょう。

最後に一言

今回は、【ガス抜き】使い捨てライターの正しい捨て方についてお話しました。

ライターの中にガスが残っている状態で捨てると、処分場でガスが漏れだし、引火、火災の危険があります。

必ず不燃ごみとして出す前にライターのガス抜きを行うか、ガス抜きをしなくてもライターを引き取って貰える場所まで持っていって処分してくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました