【保存版】冷蔵庫を廃棄処分する4つの方法と費用まとめ

壊れた冷蔵庫の捨て方

使わなくなった冷蔵庫を処分したい・・・。

冷蔵庫が故障したので買い換えるのだけれど、古い冷蔵庫をどうやって捨てればいいのだろう・・・。

冷蔵庫を処分するためにはゴミ回収業者に冷蔵庫引き取りの申し込みをしなければならなかったり、リサイクル料金(家電リサイクル法)や運搬費用などを支払わなければならなかったりなど、素人には面倒でよく分からないことばかりだと思います。

でも安心してください。

冷蔵庫の捨て方については、その仕組みを少しだけ勉強すれば、安く冷蔵庫を捨てる方法を見つけることが出来ます。

そこで今回は冷蔵庫を廃棄処分する4つの方法とその費用について詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

リサイクル料金を払って冷蔵庫を廃棄する方法

まずはじめに、正規のルートでリサイクル料金を払って冷蔵庫を処分する方法についてお話していきます。

これから捨てようと思っている冷蔵庫が故障して冷えない、動かないなど、完全に故障してしまっている場合、家電リサイクル法で定められている正規のルートで冷蔵庫を処分しなければならなという家電リサイクル法があります。

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から排出されたエアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などから有用な部品をリサイクルしたり、廃棄物の量を減らしたりして、資源の有効利用を推進するために、2001年(平成13年)4月1日より本格施行された法律です。

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

引用)家電4品目の「正しい処分」早わかり!|家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)|経済産業省

具体的には、私たちが法律で指定された家電(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)を捨てたい場合、指定された業者にリサイクル料金(約3600~5500円、どこに依頼しても同額)を支払って家電を引き取ってもらわないといけないことになりました。

特定家庭用機器のリサイクル料金一覧

品目リサイクル料
エアコン約1000~1500円
テレビ(15インチ以下)約1800~3200円
テレビ(16インチ以下)約3000~3600円
冷蔵庫(170L以下)約3600~5000円
冷蔵庫(171L以上)約4600~5500円
洗濯機約2500~3200円

参考)再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)|一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

基本的に冷蔵庫を破棄するために必要な費用はリサイクル料金(約3600~5500円)だけです。

ただし、それは指定引取所というところまで冷蔵庫を自分で運べるという場合の話。

指定取引所に冷蔵庫を持ち込んで処分運搬費を節約

仮に冷蔵庫を指定された場所まで運べなくて家まで引き取りに来て欲しいというような場合、リサイクル料金に加えて以下の費用も同時請求されることがあります。

  • 運搬費用;約2000~5000円(お客さんの自宅から指定引取所まで運ぶための費用)
  • 搬出費用;約3000~20000円(お客さんの家の中から運搬車両のある場所まで運ぶための費用)

「冷蔵庫を捨てるためにそんなにもお金がかかるの!?」ってビックリしてしまいますよね・・・。

ですが、家電リサイクル法が施工されてからは、このような形でしか冷蔵庫を捨てることができなくなってしまいましたので、そこは我慢して受け入れるしかないのが現状です。

なお、このような形で冷蔵庫を廃棄する場合のパターンは以下の通りになります。

  1. 新しい冷蔵庫を購入するお店で引き取ってもらう
  2. 廃棄する冷蔵庫を購入したお店で回収してもらう
  3. お住いの市町村で引き取ってもらう
  4. 指定引取場所に自分で持ち込む(リサイクル料金のみで運搬費用は不要)

 【方法その1】新しい冷蔵庫を購入するお店で引き取ってもらう

家電量販店などで冷蔵庫を新しく買い替える場合、その購入先のお店で冷蔵庫を引き取ってもらうことができます。

この方法であれば、新しい冷蔵庫の設置と同時に古い冷蔵庫も持って帰ってくれるため、一番楽で手軽な廃棄方法だといえるでしょう。

ですが、リサイクル料金(約3600~5500円、全国統一価格)と引き取った冷蔵庫運搬費用(約2000~5000円程度、販売店によって異なる)は別途請求されることがほとんどです。

ちなみに、一部のテレフォンショッピング(ジャパネットたかたなど)では、冷蔵庫の下取りで購入価格を値引き(2~3万円など)してくれるところもあります。

ただし、ジャパネットたかたの場合、下取りする予定の冷蔵庫が壊れている、壊れていないにかかわらず、リサイクル料金(約3600~5500円)と運搬費用(約2000~4000円)は必要となるそうですので、実質の値引き額は表示より目減りすることに注意が必要です。(電話で確認済み)

稀なケースとして、冷蔵庫を家の中から運び出すのに多大な労力がかかる場合(例えばマンションの3階などから階段で冷蔵庫を降ろさなければならないケースや、窓から冷蔵庫を吊り降ろさなければならないケースなどなど)、別途、搬出費用が必要になる場合があります。

このような搬出費用については、業者や状況によって3000~20000円程の料金になることがありますので、冷蔵庫を運び出すのが難しそうな場合は、事前に状況を説明し、どれぐらいの費用が掛かりそうか聞いておくと良いでしょう。

【方法その2】以前冷蔵庫を購入したお店で回収してもらう

冷蔵庫の回収は、以前冷蔵庫を購入したお店にお願いすることもできます。

小売業者は、

(1) 過去に販売した家電4品目の廃棄物の引取りを排出者から求められたときこれを引き取らなければなりません。

引用)家電リサイクル法における小売業者の主な4つの義務|RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

この場合、基本的にはリサイクル料金(約3600~5500円、全国統一価格)と引き取った冷蔵庫運搬費用(約2000~5000円程度、販売店によって異なる)は別途請求される事になります。

別途新しい冷蔵庫を購入する予定はないけれど、いつもお世話になっている電気屋さんがいるような場合、このような方法で廃棄してもらうのもいいと思います。

ちなみに、この方法でも冷蔵庫を家の外に運び出すのが難しい場合は、別途排出料金を請求される場合もありますので、事前に問い合わせをしておくことをおすすめします。

【その3】市町村に引き取ってもらう

基本的に冷蔵庫など家電リサイクル法で指定されている家電は、小売業者などに引取義務があるため、市町村などが率先してそれらの家電ごみを引き取ってくれるというスタンスではありません。

ですが、一部地域では、リサイクル料金(約3600~5500円、全国統一価格)を郵便局などで支払った後に、粗大ごみ収集料金(約2000円程度、地域によって異なる)も支払えば、市の収集業者が冷蔵庫を引き取りに来てくれるという行政サービスを行っているところもあります。

ただし、このような粗大ごみ回収の行政サービスを利用するためには、家の外まで冷蔵庫を出しておかなければならなかったり、以下のような条件をクリアしていなければならないというケースが多いようです。

  • 過去に購入した小売業者が廃業しており、引取りを依頼できない。
  • 譲り受けたものや贈答品のため、購入した小売業者がわからず、引取りを依頼できない。
  • 引越しにより、購入した小売業者が遠方になったため、引取りを依頼することが現実的に困難である。

引用)家電リサイクル法への市町村の対応状況|神奈川県

ですので、市町村などに冷蔵庫の回収をお願いする場合は、事前に問い合わせを行い、どのような手順で破棄していけばいいのか確認しておくことをおすすめします。

【方法その4】指定引取場所に自分で持ち込む

ここからは少し裏技的な方法になるのですが、運搬費用(2000~4000円)を節約できる指定引取場所への持ち込みという方法もあります。

指定取引所に冷蔵庫を持ち込んで処分運搬費を節約

この方法であれば、リサイクル料金(約3600~5500円)の出費だけで冷蔵庫を廃棄することが可能です。

具体的な方法は以下の通り。

【STEP1】郵便局でリサイクル券を受け取る

まずはじめに、近所の郵便局に行って「冷蔵庫を廃棄したいのでリサイクル券が欲しいのですが・・・。」と行って、このようなリサイクル券を受け取ります。

リサイクル券を郵便局で受け取る

リサイクル券の2枚目のところに名前や住所、メーカーを示す番号(例に記載あり)、冷蔵庫の容量を示す番号(郵便局の窓口の人に聞いたり、ネットで検索可能)などを記入していきます。

家電リサイクル券に記入する

基本的には左側についている記入例をみながら書き込んでいけば完成するのですが、メーカー名を示す「製造業者等名コード」と冷蔵庫の容量によって異なる「品目料金区分コード」と呼ばれるものに関しては、下記のサイトで調べるか、郵便局の窓口の人に聞きながら記入するといいと思います。

家電リサイクル料金一覧 I RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

出典)家電リサイクル料金一覧 |RKC 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター

そのため、郵便局に行く前に冷蔵庫の扉の裏側に張ってあるシールから、「メーカー名」と「容量」を控えて持っていくことを忘れないようにしましょう。

冷蔵庫の容量とメーカー名

リサイクル券に記入が終わったらそのまま郵便局の窓口でリサイクル料金を支払います。

上記の冷蔵庫の場合、東芝製の大型冷蔵庫でリサイクル料金は4644円で、振込手数料が150円でした。

リサイクル料金の支払いが完了したら受領印が右下の方に押されますので、これでリサイクル券の受け取りが完了となります。

支払後の家電リサイクル券

【STEP2】指定引取場所を調べる

リサイクル券の準備ができたら、最寄りの指定引取場所まで冷蔵庫を持ち込みましょう。

指定引取場所は以下のサイトで検索することができます。

指定引取場所のご案内

出典)指定引取場所検索|一般財団法人家電製品協会家電リサイクル券センター

基本的には指定引取所の営業時間は月曜日~土曜日の9:00~17:00(12:00~13:00は昼休憩)となっていて、特に予約などは不要です。

稀に、取り扱っているメーカーが限定されている指定取引所がある場合もありますので、事前に上記のサイトに記載の電話番号に連絡を入れておくと、搬入がスムーズに進むと思います。

【STEP3】冷蔵庫を指定引取所に搬入する

あとは冷蔵庫を車に積み込み、指定引取所に向かいましょう。

トラックがなくても、ミニバンなどの3列目がある車があれば、家庭用の大きな冷蔵庫でも充分に運ぶことが可能です。

壊れた冷蔵庫をミニバンで運搬する様子

冷蔵庫を車に積み込む

小さな一人暮らし用の冷蔵庫なら、コンパクトカーや軽自動車でも運べるでしょう。

ただし、冷蔵庫を横に倒して運ぶ場合、本体に溜まっていたドレン水がこぼれてくる場合がありますので、車に載せる前にドレン水を排出することと、車を汚さないためにブルーシートなどを敷いておくことを忘れずにしておきましょう。

基本的にリサイクル券は冷蔵庫の右側面上部に貼っておくべきものなのですが、冷蔵庫の積み下ろしでぼろぼろになってしまいそうだったので、今回は貼らずに指定引取所に行ってから貼り付けることにしました。

出典)家電リサイクル券貼付時のお願い – 家電リサイクル券センター

指定引取所についたら車を駐車場に止めて受け付けに行き、担当の人にリサイクル券を見せると、担当者の方で冷蔵庫に貼り付けしてくれることになりました。

後は係員の指示に従って車を回収場所に移動すれば、係員の人たちが冷蔵庫の積み下ろしを行ってくれます。

冷蔵庫の搬入が終わったら係員の人からこのようなリサイクル券の控えを受け取ります。

家電リサイクル券の控え番号

ちなみに、このリサイクル券の控えに記載の番号をネットなどで入力すれば、自分が排出した冷蔵庫がちゃんとメーカー側で廃棄されたかどうかを確認することができます。

>>排出者向け引取り確認|引取状況確認システム

この方法で冷蔵庫を廃棄すれば、必要なのはリサイクル料金(3600~5500円)だけで、自分で冷蔵庫を搬入するため運搬費用(約2000~4000円)は支払わなくて済みます。

大型冷蔵庫を指定引取所まで運搬するのはかなり大変でしたが、少しでも廃棄費用を節約したい人は挑戦してみるといいと思います。

最後に一言

今回は、【保存版】冷蔵庫を廃棄処分する4つの方法と費用まとめについてお話しました。

実際問題、冷蔵庫を捨てるのはとても大変でした。

冷蔵庫を購入する際は購入から廃棄までのトータルコストや設置廃棄の労力も考えて購入することが大切だと感じました。

冷蔵庫の廃棄で困っている場合は是非参考にしてみてください。

なお、軽トラックなどでその辺をウロウロしている無料で不用品を回収している業者やネットの無料宅配廃品引取を行っているような業者を利用するのは控えたほうがいいと思います。

というのも、回収してもらおうとした業者が悪徳業者の場合、「無料で回収する」とアナウンスしていたのに、冷蔵庫を軽トラックに載せた段階で急に「リサイクル料金と搬出費用、運搬費用で合計◯円です。」と言われることも多いからです。

また、悪徳業者の場合、回収した冷蔵庫を別の場所まで運んで不法投棄する可能性もあり、仮にその不法投棄された冷蔵庫があなたのものであると特定された場合、あなたが犯人扱いされる可能性もあります。

その他にも、悪徳業者の場合、冷蔵庫を運び出すのが雑なせいで家の中の壁や床、家具などに傷をつけられるという事も多々あります。

廃品回収を行っている業者すべてが悪徳業者であるということはないのですが、素人には目の前にいる廃品回収業者が悪徳業者であるかどうかを判断することは難しいと思います。

そのようなこともあるということを知った上で利用するかどうかを決めるようにしましょう。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました