【保存版】冷蔵庫を廃棄処分する4つの方法と費用まとめ

リサイクル料金を払って冷蔵庫を廃棄する方法

まずはじめに、正規のルートでリサイクル料金を払って冷蔵庫を処分する方法についてお話していきます。

これから捨てようと思っている冷蔵庫が故障して冷えない、動かないなど、完全に故障してしまっている場合、家電リサイクル法で定められている正規のルートで冷蔵庫を処分しなければならなという家電リサイクル法があります。

家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法とは、一般家庭や事務所から排出されたエアコンやテレビ、冷蔵庫、洗濯機などから有用な部品をリサイクルしたり、廃棄物の量を減らしたりして、資源の有効利用を推進するために、2001年(平成13年)4月1日より本格施行された法律です。

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

引用)家電4品目の「正しい処分」早わかり!|家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)|経済産業省

具体的には、私たちが法律で指定された家電(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機など)を捨てたい場合、指定された業者にリサイクル料金(約3600~5500円、どこに依頼しても同額)を支払って家電を引き取ってもらわないといけないことになりました。

特定家庭用機器のリサイクル料金一覧

品目リサイクル料
エアコン約1000~1500円
テレビ(15インチ以下)約1800~3200円
テレビ(16インチ以下)約3000~3600円
冷蔵庫(170L以下)約3600~5000円
冷蔵庫(171L以上)約4600~5500円
洗濯機約2500~3200円

参考)再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)|一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

基本的に冷蔵庫を破棄するために必要な費用はリサイクル料金(約3600~5500円)だけです。

ただし、それは指定引取所というところまで冷蔵庫を自分で運べるという場合の話。

指定取引所に冷蔵庫を持ち込んで処分運搬費を節約

仮に冷蔵庫を指定された場所まで運べなくて家まで引き取りに来て欲しいというような場合、リサイクル料金に加えて以下の費用も同時請求されることがあります。

  • 運搬費用;約2000~5000円(お客さんの自宅から指定引取所まで運ぶための費用)
  • 搬出費用;約3000~20000円(お客さんの家の中から運搬車両のある場所まで運ぶための費用)

「冷蔵庫を捨てるためにそんなにもお金がかかるの!?」ってビックリしてしまいますよね・・・。

ですが、家電リサイクル法が施工されてからは、このような形でしか冷蔵庫を捨てることができなくなってしまいましたので、そこは我慢して受け入れるしかないのが現状です。

なお、このような形で冷蔵庫を廃棄する場合のパターンは以下の通りになります。

  1. 新しい冷蔵庫を購入するお店で引き取ってもらう
  2. 廃棄する冷蔵庫を購入したお店で回収してもらう
  3. お住いの市町村で引き取ってもらう
  4. 指定引取場所に自分で持ち込む(リサイクル料金のみで運搬費用は不要)

次のページからは、上記の4つの方法について詳しくお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました