【廃棄処分】故障した洗濯乾燥機の具体的な捨て方

壊れて動かなくなった洗濯機

壊れて動かなくなってしまった洗濯乾燥機・・・。

古いものだし、修理してもまた壊れたら嫌なのでもう捨ててしまいたいと思う場合もあると思います。

ただ、洗濯機は家電リサイクル法の対象となっているため、粗大ごみ(自治体のゴミ回収)では捨てることができません。

いろいろ調べた結果、郵便局でリサイクル券を購入(約3000円)し、市区町村が指定した「家電4品目の収集運搬業者」まで洗濯機を持込んで処分する必要があるとのことでした。

そこで今回は、大きな洗濯乾燥機を自分で処分場まで持ち込んで処分する具体的な方法についてお話していきます。

スポンサーリンク

【STEP1】洗濯機のメーカーを確認する

洗濯機を捨てるためにまずやらなければならないことは、家電リサイクル券を購入する際に必要となる洗濯機のメーカーを調べておくことです。

洗濯機のメーカーを調べておく

洗濯機の製造メーカーの調べ方は、洗濯機の横面等についているシールに正式名称が記載されていますので、それを写真で撮るなり、メモするなどしておきましょう。

【STEP2】郵便局でリサイクル券を購入する

次に、洗濯機を捨てるためには郵便局などで売られている家電リサイクル券を購入する必要があります。

郵便局などで購入できる家電リサイクル券

最寄りの郵便局に行き、「洗濯機を捨てたいので家電リサイクル券がほしいのですが・・・。」という感じで窓口の人に声をかければ、上記のような払込用紙を出してくれると思います。

家電リサイクル券の払込用紙

その際、窓口の人が「どこのメーカーの何を捨てますか?」などと聞いてくると思いますので、「〇〇(メーカー名)の洗濯機を捨てます。」と答えましょう。

すると、払込書にリサイクル料金などを記入していってくれます。

その後、自分の住所や氏名などを記入し、リサイクル料金(今回の場合は手数料込みで2733円)を仕払います。

洗濯機を廃棄処分する際の家電リサイクル料金

これで家電リサイクル料金の支払は完了しました。

なお、リサイクル料金を支払った際に受け取る家電リサイクル券は、実際に洗濯機を処分業者に引き取ってもらうときに必要となりますので、保管しておきましょう。

ちなみに洗濯機の場合は大きさに関係なくほとんど上記と同じぐらいの値段ですが、正確な価格を知りたい場合は、以下のサイトで確認することができます。

>>再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)|一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター

【STEP3】洗濯機の持ち込み先(家電4品目の収集運搬業者)を探す

次は、捨てたい洗濯機の持ち込み先を調べていきます。

洗濯機のような家電リサイクルの対象商品は、自治体などから委託された業者(家電4品目の収集運搬業者)でしか廃棄処分することができませんので、お住いの自治体のHPなどで上記の業者を調べましょう。

その他_テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分方法 - 鈴鹿市ホームページ

出典)テレビ、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の処分方法|鈴鹿市

そして、その業者に事前に洗濯機を持ち込みたいこと、家電リサイクル券は購入済みという旨を電話で伝え、持込日程を調整しておきます。

今回の場合は、電話したその日に持ち込んでOKとのことでした。

ただし、今回の業者の場合、持込処分でも別途1000円の運搬料が必要とのことで、この運搬料については業者によって値段が違うこともあり、場合によっては運搬料は無料というところもあります。

自治体指定の処理業者がいくつかある場合、その辺りを事前調査し、一番安いところに依頼するのもいいと思います。

【STEP4】洗濯機を廃棄処分業者に持ち込む

壊れた洗濯機を車で持込処分する

後は壊れた洗濯機を車に載せ、事前に予約しておいた廃棄処分業者のところまで搬入していきます。

処分場についたら窓口の人に洗濯機を持ち込んだことを話し、家電リサイクル券を渡しましょう。

そして、指示された場所に洗濯機を下ろし、事前に伝えられていた運搬料1000円を支払えば洗濯機の廃棄処分は完了です。

洗濯機を持込処分する際の運搬料の領収書

最後に一言

今回は、【廃棄処分】故障した洗濯乾燥機の具体的な捨て方についてお話しました。

洗濯機が壊れてしまうと、捨てるのも一苦労で、もうしばらく大きな家電は壊れてほしくないなぁと思いました。

ちなみに、洗濯機を運ぶ車などがないとか、洗濯機を運び出すのが大変だというような場合、先程の運搬料の追加負担はありますが、業者が洗濯機を家まで引き取りに来てもらうことも可能です。

この運搬料については業者によって異なってくる部分ですので、事前に電話して見積もりを聞いてみるがいいと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました