【廃棄処分】壊れた掃除機の具体的な捨て方(粗大ごみ、不燃ごみ)

掃除機の捨て方(粗大ごみ)

使い古して汚れてしまったり、もう壊れて動かなくなってしまった掃除機はどうやって処分すればいいのだろう?

壊れているのでリサイクルショップなどでは売れなさそうだし、小型家電リサイクル法の対象となっているようなので、いつものゴミ回収には出せなさそうです。

一体どうやって要らなくなった掃除機を捨てればいいのでしょうか?

基本的に掃除機は粗大ごみ(小さなものの場合は不燃ごみの場合もある)として捨てる場合が多く、地域によっては自宅まで掃除機を引き取り回収しに来てくれるサービス(有料、200円程度)がある場合もあります。

そこで今回は、壊れて捨てるしかなくなった掃除機の具体的な廃棄処分方法から、小型家電リサイクル法のことについてまで、詳しくお話してきます。




タイトルとURLをコピーしました