【廃棄処分】壊れて使えなくなったストライダーの捨て方まとめ

壊れて使えなくなったストライダーの捨て方

壊れて使えなくなってしまったストライダー・・・。

子供ももう使わないといっているし、壊れてしまっていてサビだらけで買い取ってもらうこともできない感じでもう捨ててしまおうと思っても、どうやって捨てていいのか分からず困ってしまうのではないかと思います。

基本的にはキックバイクの場合、自治体のゴミ回収で粗大ごみとして捨ることができます。

ただ、ちょっとした工具などがあって、自治体の指定するゴミ袋に入る大きさにストライダーを分解解体できる場合、普通のゴミ回収で不燃ごみとして捨てられる場合もあります。

今回は、そんなストライダーの具体的な捨て方について、詳しくお話していきます。

【STEP1】ストライダーの分別方法を調べる

ストライダーを捨ててしまいたいと思った場合、まず、お住いの地域のゴミの分別表を確認していきましょう。

藤沢市:ごみ検索システム

出典)藤沢市:ごみ検索システム

ストライダーやキックバイクを検索しても、上記のように分別例が載っていないことがあると思います。

そのような場合は、自転車や三輪車などと同じ扱いになることが多く、そういったものを参考にしてみると、粗大ごみ(大型ごみ)として分類されることがほとんどです。

【STEP2】ストライダーを粗大ごみとして捨てる

ストライダーを捨てる方法は、自治体の粗大ごみ回収で自宅まで引き取りに来てもらうか、自分でゴミ回収拠点に持ち込むかの2通りが考えられます。

まず、粗大ごみの回収処分サービスを利用する場合の流れについて説明します。

私の住んでいる地域では回収処分サービスを利用するために、まず、「粗大ごみ処理券(200円)」というものを近所のコンビニやスーパーなどで購入しておきます。

粗大ごみ処理券

取り外した食洗機を家の前に出しておき、処理券に記載の受付所に「ストライダーを回収してほしいのですが・・・」という感じで電話をかけます。

ストライダーに回収引き取り券をつける

すると、名前や住所、電話番号を聞かれた後、「○月○日に回収に行きます。ストライダーを家の前に出しておいてもらえれば係員が回収していきますので、立ち会う必要はありませんので。」という感じで受付は完了しました。

200円で利用できる自治体の粗大ごみ回収処分サービス

指定された日になると、粗大ごみを回収するトラックがやってきて、ストライダーを持っていってくれます。

このように、ゴミ回収サービスの場合、電話を一本入れて家の前にストライダーを出しておくだけで引き取ってもらえるのでとても楽です。

費用も数百円程度で引き取ってもらえることが多いですので、自治体にこのような粗大ごみの回収サービスがないか確認してみるといいでしょう。

次に、自治体のゴミ回収拠点にストライダーを持ち込んで処分する場合、処分費用は無料になる(家庭ごみのみ、事業ゴミは有料になる)ことがほとんどです。

持ち込みに関しては特に予約が必要なこともなく、車にストライダーを積み込んで回収拠点に向かいます。

回収拠点についたら、入り口で受付員が話しかけてきますので「ストライダーを捨てたいのですが・・・」ということを伝え、受付票に氏名と住所などを記載します。

あとは係員の指示に従って指定された場所にストライダーを下ろせばOKです。

【STEP3】ストライダーを不燃ごみとして捨てる

多くの地域では、2週間に1度程度、不燃ごみの収集日があると思います。

不燃ごみは指定された袋に入り、指定された重量(約5キロ前後)であればOKという決まりになっているところがほとんどです。

ストライダーの場合、そのままの状態だと指定されたゴミ袋からはみ出てしまいます。

ストライダーは不燃ごみの袋に入らない

ただ、工具などを使ってタイヤやハンドルなどを外すして分解することができれば、不燃ごみの袋の中に収めることができる場合があります。

工具を使ってストライダーを解体する

解体したストライダー

解体したストライダーを不燃ごみとして捨てる

後は、不燃ごみの日にストライダーをゴミ収集場所に捨てておけばOKです。

この方法であれば、工具さえ持っていればお金をかけずにストライダーを捨てることができます。

地域や自治体によってはこういった方法はダメと言われることもあるかもしれませんが、多くの場合こういった方法でストライダーを捨てることができますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

お疲れさまでした。

これで、ストライダーの処分は完了です。

最後に一言

今回は、【廃棄処分】壊れて使えなくなったストライダーの捨て方まとめについてお話しました。

ストライダーは子供が小さなときだけ乗る乗り物で、乗らなくなって野ざらしで放置していると錆びたりして壊れて使えなくなってしまうことがよくあります。

要らなくなったものは早め早めに処分したほうがスッキリ片付きますので、是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました