【廃棄費用節約】使い終わった廃タイヤの処分方法と引き取り料金の相場

タイヤを引き取ってくれるところが少ない理由

タイヤを捨てようと思った時に真っ先に思いつくのが、市などの自治体が行っているゴミ収集車などによるゴミの日のゴミ回収(粗大ゴミなど)や、軽トラなどでその辺を回っている無料の廃品回収です。

ただ、実際に問い合わせてみると分かるのですが、どちらともタイヤは回収してくれませんでした。

その理由は意外にも、廃タイヤは「捨てるもの」ではなく「リサイクルするもの」だからなのです。

実は使用済みタイヤは既に90%を超える割合でリサイクルされています。

廃タイヤのリサイクル率

出典)第28回 役目を終えたタイヤは…? タイヤのリサイクル|TOYO TIRES

ただ、タイヤのリサイクルは複雑なため、市のごみ処理施設(焼却処分、埋立処分)などでは対応することができていないというのが現状となっています。

なお、廃タイヤが一体何にリサイクルされているのかということについては、こちらのグラフが参考になるでしょう。

廃タイヤのリサイクル先

出典)廃タイヤ(使用済みタイヤ)のリサイクル状況|一般社団法人日本自動車タイヤ協会

どこでタイヤを引き取ってもらえばいいのか?

ここからが本題ですが、では私たちは一体どこでタイヤを引き取ってもらえばいいのでしょうか?

その答えは、下記の廃タイヤのリサイクル経路を見るとよくわかります。

出典)廃タイヤの適正処理について – 日本自動車タイヤ協会

この図を見ると分かる通り、使用後のタイヤは左上の方にある「一般消費者(私たち)」から「タイヤ販売店※」に引き取ってもらう形になっています。

ここで※になっているタイヤ販売店とは、タイヤの販売を業としている者のことをいいます。

※タイヤ販売店

  • タイヤ販売会社
  • タイヤ専業店
  • カー用品店
  • ガソリンスタンド
  • カーディーラー
  • 整備工場    など

ですので、使い終わったタイヤを処分したい場合は、上記の場所に持っていけば基本的に引き取ってもらうことができるということがわかります。

いくらでタイヤを引き取ってもらえるのか?

タイヤの処分方法と廃棄費用の相場

ここで重要なのは、では一体いくらでタイヤを処分してもらえるのかということだと思います。

ずばり言うと、上で紹介したようなお店に素人がタイヤを持ち込み処分するような場合、廃タイヤ(黒色のゴムの部分のみ)の処分費用の相場は、一般的な車のサイズのもので約300~500円/本、RV車等のタイヤは800~1000円/本が相場です。

私の場合は近所のフルサービスのガソリンスタンドを利用することが多いのですが、ガソリンを入れるタイミングで「トランクに積んであるタイヤを引き取ってもらえませんか?」という感じでお願いしています。

ここで知っておきたいことは、廃タイヤ処分料は同じ系列のお店でもタイヤの引取価格が違います。

例えば、同じガソリンスタンドの系列店でも、下記のような感じでタイヤの処分料は300円/本と500円/本という感じでかなり処分費用に差が出てきます。

タイヤ処分料が約300円/本のケース

廃タイヤの処分料が300円/本のお店

このお店の場合、下の方に記載の古タイヤ処理料の単価は324円/本となっています。

タイヤ処分料が約500円/本のケース

廃タイヤの処分料が500円/本のお店の領収書

このお店の場合、廃タイヤの処分を10本お願いして合計額が5400円(作業料として記載)ということから、廃タイヤの処分単価は540円/本ということになります。

このような感じで、同じ系列店でも処分費用に結構な差が出てくることがありますので、何軒かお店を回ってみて一番安く処理してくれるお店を見つけ、そこに依頼していくという流れで処分していくのがいいでしょう。

次のページでは、タイヤの処分費用を格段に安くする方法についてお話していきます。




タイトルとURLをコピーしました