【廃棄処分】自転車の防犯登録の有効期限と解除抹消手続き方法まとめ

中古で購入した自転車の防犯登録の解除方法

自転車がいらなくなった場合、粗大ゴミとして捨てたり、友達に譲ったり、リサイクルショップやネットオークション等で売却したりしていくことになると思います。

その際、ネックになるのが防犯登録(サドルの下辺りにシールがはられている場合が多い)なのではないでしょうか?

というのも、単に粗大ゴミとしてゴミ回収で引き取ってもらう(完全に廃棄処分する)ような場合は、防犯登録は解除しなくてもOKな場合がほとんどですが、自転車を譲ったり売却したりする場合には、必ず自転車の防犯登録を解除(約200~600円、自転車屋さんなど)しておく必要があります。

そこで今回は、自転車の防犯登録の解除抹消方法について、詳しくお話ししていきます。

防犯登録を解除しなければならない理由

まずはじめに、どうして自転車を売却したり、譲渡したりする際に、防犯登録を解除しておかなければならないのかということについてお話していきます。

自転車を売却したり譲ったりする場合に防犯登録を解除しなければならない一番の理由は、次のオーナーが防犯登録をすることができなくなるからです。

自転車を譲る場合
自転車を購入した自転車販売店で防犯登録の抹消手続きをし、譲る相手に、自転車販売店から交付された防犯登録抹消証明書又は譲渡証明書(定められた様式はなく、個人の譲渡の際に作成)を渡してください。
注)抹消手続きは、所有者本人しかできません。

引用)自転車の防犯登録に関すること|愛知県警察

というのも、防犯登録は1台の自転車(車体番号)に対して1つの登録が原則になっていて、その防犯登録は登録をした本人でないと解除できないというルールがあるためです。

ですので、防犯登録がされた自転車に重複して防犯登録をすることはできませんし、一旦今ついている防犯登録を解除しようと思っても、その登録をした本人でないと解除できないため、防犯登録がついた自転車を手に入れてしまった人はとても困ってしまうことになります。

仮に、防犯登録(前のオーナーが登録)を解除せずにそのままの状態で乗る時に困ってしまうことといえば、警察からの職務質問です。

というのも、自転車の防犯登録は平成6年から義務化されたことにより、防犯登録の名義(前のオーナー)と自転車に乗っている人が異なっているような場合、例えそれをちゃんと譲渡してもらったものであっても警察はその自転車が盗難品である可能性も視野に入れて話を進めていくことになってしまいます。

防犯登録の再登録をしていなかったことに対しては罰則はない(登録義務のみ)のですが、このような場合、前の持ち主の人に電話確認を取るなどして、その自転車が自分のものであることを証明しなければならず、そのばでかなりの時間がとられることになってしまいます。

リサイクルショップなどでは防犯登録が解除されたものしか買い取ってもらえなかったり、ネットオークション等でも「防犯登録を解除しているか?」というような質問がきたりするのはこのような理由があるからです。

防犯登録を解除しなくても良い場合

実は防犯登録には有効期限(約5~12年、地域によって異なる)というものがあり、その有効期限が切れている場合、防犯登録を解除せずに売却や譲渡しても大丈夫(次のオーナー側で防犯登録可能)です。

ただし、自転車本体に貼り付けられている防犯登録シールには有効期限の記載がないため、次の所有者になる人に有効期限が切れていることを証明できる(登録時の日付が確認できる)「防犯登録カード」を自転車本体と一緒に渡すようにしてあげましょう。

中古自転車の防犯登録カード

また、自転車を粗大ゴミなどで廃棄処分(スクラップや埋立処分など)するような場合は、その自転車は二度と使われることはありませんから、先程お話ししたような問題は発生しませんので、防犯登録の解除手続きをせずにそのまま捨ててしまってもOKです。

防犯登録を解除するために必要なものについて

まずはじめに、防犯登録を解除するために必要なものについてお話していきます。

【登録解除に必要なものその1】防犯登録カード

中古自転車の防犯登録カード

防犯登録を解除するためには、この防犯登録カード(防犯登録の手続きをした際に受け取った控え)が必要です。

ただ、この防犯登録カードをなくしてしまった場合、自転車の保証書や車体番号などが記載されている領収書などがあればそれで代用することも可能です。

基本的には上記のどれかの書類があればスムーズに防犯登録解除手続きを進めることができますが、そうではない場合、手続きをするお店によって対応が分かれてきますので、事前に手続きを行う自転車屋さんなどに問い合わせてみてください。

【登録解除に必要なものその2】自転車本体

自転車の車体番号

防犯登録を解除する場合、自転車本体に刻印されている車体番号を確認する必要があります。

ですので、自転車本体も手続きを行うお店に持っていくようにしましょう。

【登録解除に必要なものその3】身分証明書

自転車の防犯登録に必要な運転免許証

防犯登録解除手続きを進めるためには本人確認書類を提示する必要があります。

免許証や保険証、学生証なども準備しておいてください。

【登録解除に必要なものその4】お金

防犯登録解除手続きには、200~600円程度の手続き費用が必要となります。

防犯登録の解除する方法

ここからは、防犯登録を解除する具体的な手順についてお話します。

【STEP1】防犯登録の解除手続きができるお店を探す

まずはじめに、防犯登録の解除手続きができるお店を探しましょう。

一般的には、街の自転車屋さんやホームセンターなどの自転車コーナーなどで解除手続きを行うことができます。

はじめは自転車などを店内に持ち込まずに、「防犯登録の解除手続きをやってもらいたのですが・・・」という感じで話しかけてみて、やってくれるかどうか反応を見てみるといいでしょう。

ちなみに、防犯登録シールには「○○警察」と書かれていますが、ほとんどの都道府県の警察署や交番ではこの防犯登録の解除手続きは行なっていないようです。(私の住んでいる地域も警察署では断られました。)

【STEP2】店内に自転車や書類を持ち込む

防犯登録の解除手続きをやってくれるところを見つけることができたら、準備してきた書類や自転車本体を店内に持ち込みます。

お店の人が手続きに必要な書類や自転車の車体番号などを一通り確認できたら、記入用紙を渡してくれますので、それに名前や住所などを記入していきます。

あとは手続きに必要なお金(約200~600円)を支払えば、防犯登録の抹消は完了です。

本体にはられたシールについては抹消後も剥がさないこともありますが、抹消時に受け取った書類(お客様控え)が抹消したことの証明になります。

ですので、自転車を売却したり譲渡したりする場合は次のオーナーにその書類を渡してあげれば、次のオーナーになる人が再登録する際の手続きがスムーズに進みます。

また、防犯シールについては無理に剥がさなくても、再登録の際は今貼ってある古い防犯登録の上に新しいシールが貼られることになります。

お疲れさまでした。

これで、自転車の防犯登録解除手続きは完了です。

最後に一言

今回は、【廃棄処分】自転車の防犯登録の有効期限と解除抹消手続き方法まとめについてお話しました。

自転車の防犯登録は少しわかりにくいところがありますが、基本的には自転車を捨ててしまう場合はそのままでOKで、誰かに売却、譲渡するような場合のみ抹消手続きが必要だと覚えておけばOKです。

是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました