【廃棄処分】自転車の正しい捨て方と譲渡売却方法

自転車を友達に譲る方法とその注意点

友達から要らなくなった自転車を譲って欲しいと言われた場合、自転車を手渡す前にひとつだけ確認してほしいことがあります。

それは、自転車の防犯登録です。

中古で購入した自転車の防犯登録の解除方法

防犯登録とは、自転車を購入した際に600円程度支払って上記のようなシールを貼り付けておくことで、平成6年頃から本格的に義務化された制度です。

防犯登録は自転車に乗る人が手続きを行うのが基本となっているため、自転車を友達に譲った後は、その友達が譲り受けた自転車の防犯登録を行わなければなりません。

ただ、この防犯登録というものは、既に防犯登録されている自転車に再登録するということはできない決まりになっています。

また、防犯登録の解除は登録を行なった本人でしか行うことができないことになっているため、この防犯登録シールが貼られた状態で友達に自転車を譲った場合、友達側では防犯登録の再登録ができない状態になってしまいます。

仮にこの状態のまま友達が自転車に乗っていて、その友達が警察などから職務質問を受けたりした場合、乗っている人の名前(友達)と防犯登録の名義(前のオーナー)が異なることになるため、その友達が自転車を盗難したのだと疑われてしまいます。

ただ、ちゃんとその場で譲り受けたことが証明(前のオーナーに電話連絡するなど)されればOKですし、防犯登録していなかったことに対して罰則があるわけではありません。

でも、友達が要らぬ疑いをかけられないためにも、友達の方で防犯登録の再登録ができるように譲渡する前に自転車の防犯登録を解除し、自転車を渡す際に防犯登録を解除する際に受け取った控え(書類、再登録の際に必要)も友達に引き渡しておくことをおすすめします。

具体的な防犯登録解除の方法については、こちらの記事にまとめてありますので、ご参考まで。

>>自転車の防犯登録の有効期限と解除抹消手続き方法まとめ

自転車を売却する方法とその注意点

ヤフオク100円で購入した子供用のマウンテンバイク

自転車はリサイクルショップやネットオークション、フリマアプリなどで売却することも可能です。

基本的には、希少価値のある自転車以外は100~2000円程度でしか売れないことがほとんどですが、自転車を捨てるためにお金を支払うよりは売却したほうが少しは手元にお金が残るでしょう。

この場合の注意点も、先程と同様に売却する前に防犯登録の解除しておくことが必要です。

>>自転車の防犯登録の有効期限と解除抹消手続き方法まとめ

そして、自転車を引き渡す際は、以下の書類も一緒に相手に引き渡すようにしておきましょう。

自転車売却時に相手に渡す書類

なお、ちょっとした裏技的な方法ではありますが、自転車の防犯登録には有効期限というものがあり、防犯登録されていたとしてもその有効期限が切れている場合は、全オーナーの方で防犯登録の解除がされていなくても、譲り受けた人側で防犯登録の再登録が可能な場合もありますので、ご参考まで。

最後に一言

今回は、【廃棄処分】自転車の正しい捨て方と譲渡売却方法についてお話しました。

自転車は単に捨ててしまうだけであればとても簡単なのですが、売却したり譲渡したりする場合は防犯登録の解除が必要になってきます。

防犯登録の解除手続きは簡単ですし、費用も200~600円程度しか掛かりません。

売却や譲渡の予定がある場合は是非参考にしてみてくださいね。

それでは!

タイトルとURLをコピーしました